Categories
News Uncategorized

中共の国債はFTSE世界財務指数に含まれてゆくへ!世界の財政に打撃を与える可能性が高く

現在、CCPの経済は崩壊の危機に瀕していますが、不動産会社や金融会社による頻繁な債務不履行になってからや、CCPの国債をFTSE世界国債に含まれることで、CCPは今後の金融の核爆発への追加要因になりますので、世界の金融に大きな害を及ぼす可能性があります。 Source… Visit Original Source…

翻訳:ヒマラヤ東京桜団/老黑

10月29日、FTSEラッセルは、中国国債をFTSE世界財務指数(WGBI)に正式に参入しました。これまでに、中国共産党の債券市場は、世界の3つの主要な債券インデックスに完全に含まれていた。他の2つインデックスは、ブルームバーグバークレイズグローバル総合インデックスとJPモルガンチェースフラッグシップインデックスであります。

中国共産党中央銀行は、2021年9月末現在、国際投資家が保有する中国債の規模は3.9兆元に達したと発表した。

昨年9月、FTSEラッセルはかつて世界財務省指数の年次評価結果を発表したけども、2021年10月から中国国債が世界国債インデックスに正式に含まれることを発表した。世界国債インデックスは、FTSEラッセルの主力インデックス商品であり、または世界の国債インデックスのベンチマークでもあります。

現在、CCPの経済は崩壊の危機に瀕していますが、不動産会社や金融会社による頻繁な債務不履行になってからや、CCPの国債をFTSE世界国債に含まれることで、CCPは今後の金融の核爆発への追加要因になりますので、世界の金融に大きな害を及ぼす可能性があります。

情報源:FTSE世界財務省指数に含まれる中国国債

校正:ヒマラヤ東京桜団/ haruka春香
アップロード:ヒマラヤ東京桜団/老黑

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

#post_policy ul{padding-left:0px !important;} #post_policy ul li{ list-style:none !important; display:inline-block !important; padding:10px !important; } #post_policy ul li:hover,#post_policy ul li a:hover{background:#555 !important;} #disclaimer,#post_policy ul li{background:#000 !important;color:#fff !important;font-size:15px !important;} #post_policy ul li a{font-size:15px !important;color:#fff;}

Source

Please follow and like us:

Visit Original Source

Leave a Reply

Your email address will not be published.