Categories
News Uncategorized

中共ウイルスワクチンはグローバリズム実現への近道

中国共産党がコロナウイルスを放出し、ワクチンはグローバリストが全世界を支配するための手段・通り道である。最終的な目的は全人類を支配することだ。 Source… Visit Original Source…

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 /瓜子 

11月26日のライブ配信で、郭文貴氏が、中共は新型コロナウイルスを放出することは最終目的ではなく、新型コロナワクチンこそグローバリストが全世界を支配するための手段と通り道だと強調した。

郭文貴氏は、グローバリズムは「グローバル・ヴィレッジ」を主張、各国が分岐機構だと言い、そのため、各国の政府の上に立つグローバル政府が存在する。つまり共産主義と邪悪な勢力が結託して計画したもので、全世界を支配することは狙いである

さらに郭氏は、グローバル政府は人間の遺伝子をコントロールし、思考力を操り、人類の生老病死を決定すると付け加えた。グローバル政府の目には、地球上の65億もの人々は動物のように映っている。生きていける最も基本的なニーズを満たせば、彼らを自由に奴隷にすることができ、このため、もはや自然な適者生存はなく、必要に応じた淘汰が行われている。つまり、資源を節約するために、高齢者や病人を含む人口のかなりの割合を淘汰する必要があるのだ。

これに対して郭文貴氏は、グローバリストがコロナウイルスを利用して世界の人々に恐怖と依存心を植え付け、科学の名目でワクチンを使い、需要に応じて淘汰する。最終的には、ワクチンパスポートを使って世界を完全にコントロールすることを実現すると説明した。

郭文貴氏は、爆料革命が人類にもたらした最大の貢献は、2020年2月8日に爆料革命はコロナウイルスが中共の生物兵器だと暴き出し、一方、コロナワクチンは中共がグローバリズムへの近道である上、全人類の災難であることを強調した。

原文リンク

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 叁貳壹倒計時
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春雨绵绵
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / 平安卿卿

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

#post_policy ul{padding-left:0px !important;} #post_policy ul li{ list-style:none !important; display:inline-block !important; padding:10px !important; } #post_policy ul li:hover,#post_policy ul li a:hover{text-decoration: none; !important;} #disclaimer,#post_policy ul li{font-size:15px !important;} #post_policy ul li a{font-size:15px !important;text-decoration: underline;}

Source

Please follow and like us:

Visit Original Source

Leave a Reply

Your email address will not be published.