Categories
News Uncategorized

中国(共産党国)不動産大手の世茂集団株・債券続落

【日本東京方舟農場】 Source… Visit Original Source…

翻訳:【日本東京方舟農場】两棵树

(画像は《大紀元》より)

《大紀元》12月14日の報道によると、成約売買が中国で13番目に大きな不動産開発大手世茂集団の株・債券が12月13日に突然急落し、その波紋が業界に広がっており、中国不動産セクターへの懸念が再燃した。

報道によると、世茂集団傘下の複数の債権価格が13日に続落するとともに、世茂集団株価も2.65%下落した。また、実質的支配者である許榮茂氏が支配する、香港上場の世茂集団株価が11%超の下落と世茂服務株価が9%超の下落になった。

世茂集団は、流動性逼迫に見舞われている中、近年、負債総額が急速に増えている。2020年の上半期の負債総額は4143億元(約7.4兆円)で、2021年の上半期には4636.33億元(約8.6兆円)に上昇している。また、2021年6月30日までのグループ全体の借金総額は1645億元(約2.9兆円)であった。

ムーディーズ(Moody’s)は、世茂集団の長期格付けを投資適格級から投資不適格級(ジャンク級)に引き下げ、債務返済能力を懸念している。同時に、S&Pグローバル・レーディングも世茂の格付けをジャンク級に引き下げている。

参考リンク: https://www.epochtimes.com/gb/21/12/13/n13435125.htm


校正:風花雪月

配信:miumiu

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

#post_policy ul{padding-left:0px !important;} #post_policy ul li{ list-style:none !important; display:inline-block !important; padding:10px !important; } #post_policy ul li:hover,#post_policy ul li a:hover{text-decoration: none; !important;} #disclaimer,#post_policy ul li{font-size:15px !important;} #post_policy ul li a{font-size:15px !important;text-decoration: underline;}

Source

Please follow and like us:

I WILL NOT BE RULED BY A PEDO AND HIS MATES

MANY (ACCUSED) VIP PEDOS IN AUSTRALIA OPEN YoUR EYES PEOPLE)

The Covid-19 Vaccine Kills!

What is going on is a bio weapon heart stopper – the elites call a ‘vaccine’

Visit Original Source

Leave a Reply

Your email address will not be published.