Categories
News Uncategorized

北京冬季五輪スピードスケートチャンピオン、中共国による人権侵害に抗議

北京冬季五輪で金メダルを獲得したスウェーデン選手ファン・デル・ポール氏は、人権侵害の国でオリンピック大会を開催するのは非常に無責任だと批判した。 Source… Visit Original Source…

翻訳: ヒマラヤ東京櫻花団 / 美麗善良

ニューヨーク・タイムズの報道によると、スウェーデンのスピードスケート選手ファン・デル・ポール氏が、北京冬季オリンピックのスピードスケート1万メートル競技で獲得した金メダルを、アンジェラという女性に授与し、彼女の父親を記念する為である。アンジェラさんの父親は、中共政府による人権侵害を批判する本を出版したことで、中共当局に逮捕されたという。

アンジェラさんの父親桂敏海氏は、中共国で生まれた出版社を経営するスウェーデン人であり、中共政府を批判する本を出版した後、2015年にタイの自宅から姿を消した。中共のラジオ放送に再度登場した時、「数年前に起こした交通事故が原因で、中共国で10年の刑期を終えてから、自主的に帰国する」と主張した。

​​北京オリンピック開幕前にアンジェラさんの取り巻く状況を読んだファン・デル・ポール氏は、スウェーデン国籍を持つ人が、中共政府に反対する発言をしたために誘拐され、投獄されたことに驚いた。

フォクスニュースによると、冬季オリンピック後、ファン・デル・ポール氏はスウェーデンの新聞で、人権侵害の国でオリンピック大会を開催させるのは非常に無責任だと批判した。

アムネスティ・インターナショナルによると、ファン・デル・ポール氏は、自分や仲間のオリンピック選手が、中共政権を正当化するための政治的武器として利用されているとも考えている。

この25歳の運動選手は、スウェーデン国籍を持つ桂敏海氏の釈放を公に唱えていると報じられている。

原文リンク 

校正:ヒマラヤ東京桜団 / 夏目&山竹
編輯:ヒマラヤ東京桜団 / 春華秋実
アップロード:ヒマラヤ東京桜団 / tdownc2p

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

#post_policy ul{padding-left:0px !important;} #post_policy ul li{ list-style:none !important; display:inline-block !important; padding:10px !important; } #post_policy ul li:hover,#post_policy ul li a:hover{text-decoration: none; !important;} #disclaimer,#post_policy ul li{font-size:15px !important;} #post_policy ul li a{font-size:15px !important;text-decoration: underline;}

Source

Please follow and like us:

Visit Original Source

Leave a Reply

Your email address will not be published.