Categories
News Uncategorized

民営企業粛清 創業者退任

【日本東京方舟農場】 Source… Visit Original Source…

翻訳:【日本東京方舟農場】林月清風

写真:インターネットより

11月12日付の「大紀元」紙の報道によると、中国共産党当局が「共同富裕」を打ち出し、「高所得者層や企業が社会にもっと還元することを奨励する」計画を立てている。 これに対し、最近退任したBYD創業者の王傳福氏、テンセント創業者の馬華騰氏、美団(meituan)創業者の王興氏、字節跳動(ByteDance)創業者の張一鳴氏などの大物経営者たちが「率先して」多額の寄付を行った。

しかし、中国共産党による粛清の風が吹く中、これらの民間企業家は巨額の寄付をしても無事を得ることができなかった。著名な民間企業の幹部の多くが積極的または消極的に幹部の座から退き、経営権を手渡している。

武漢BYDの王傳福会長は退任し、後任に何龍が就任。字節跳動(ByteDance)社の創業者の張一鳴会長も退任し、後任に梁汝波氏が就任。また、ショートビデオプラットフォーム快手(kuaishou)の創業者の宿華氏(39歳)がCEOを辞任し、後任には共同創業者の程一笑氏が就任した。

さらに電子商取引の3大企業である京東(JD.com)、拼多多(ピンドゥオドゥオ)、阿里巴巴(アリババ)の創業者のいずれも取締役を退任した。

参考リンク:https://www.epochtimes.com/gb/21/11/11/n13370438.htm


校正:風花雪月

配信:miumiu

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

#post_policy ul{padding-left:0px !important;} #post_policy ul li{ list-style:none !important; display:inline-block !important; padding:10px !important; } #post_policy ul li:hover,#post_policy ul li a:hover{text-decoration: none; !important;} #disclaimer,#post_policy ul li{font-size:15px !important;} #post_policy ul li a{font-size:15px !important;text-decoration: underline;}

Source

Please follow and like us:

Visit Original Source

Leave a Reply

Your email address will not be published.