Categories
News Uncategorized

秘訳オンライン:衝撃:ファイザーのCEOが詐欺罪で逮捕された

金曜日の朝、ニューヨークの富裕層が住むスカースデール地区の自宅で、連邦捜査局による複数の詐欺容疑で逮捕され、拘束されたのは、Bourla氏が保釈聴聞会が開かれるの間だった金曜日の朝、ニューヨークの富裕層が住むスカースデール地区の自宅で、連邦捜査局による複数の詐欺容疑で逮捕され、拘束されたのは、Bourla氏が保釈聴聞会が開かれるの間だった Source… Visit Original Source…

翻訳:待命(文暁)

(画像は本記事のリンクによるものです)

カナダのConservative Beaverの独占報道によると、ファイザー社のCEOであるAlbert Bourla氏は、。連邦政府の刑事は、Bourla氏の自宅および同氏が国内に所有する他の様々な物件の捜索令状を執行。

Bourla氏は、COVID-19「ワクチン」の有効性について顧客に嘘をついたとして詐欺罪に問われている。ファイザー社は、データを改ざんし、多額の賄賂を支払ったとして告発されている。FBI捜査官によると、ファイザー社はワクチンの有効性について嘘をつき、ワクチンの重篤な副作用について顧客を欺いていた。ファイザー社は、政府や主要メディアに賄賂を贈り、このような違法行為を黙認させていたと非難されている。

Bourlaは、ファイザー社とその研究パートナーによる「データの改ざん、無作為化された患者アクセス試験、訓練されていない予防接種スタッフの雇用、有害事象の遅いフォローアップ」が原因で問題になっている。BMJ誌によると、内部告発者であるブルック・ジャクソン氏は、進行中の不正行為を止めようとしたために解雇された。

10月、Project Veritasは「PfizerLeaks」と呼ばれる一連のリーク情報を公開しました。このビデオでは、ファイザー社の別の内部告発者が、同社がCOVID-19「ワクチン」に堕胎した胎児の細胞を使用したことを明らかにしているが、この事実はファイザー社が世間から隠そうとしてきたものだ。

有罪になれば、Bourlaは残りの人生を刑務所で過ごすことになる。

情報源

(この記事は筆者の個人的な意見です)

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

#post_policy ul{padding-left:0px !important;} #post_policy ul li{ list-style:none !important; display:inline-block !important; padding:10px !important; } #post_policy ul li:hover,#post_policy ul li a:hover{text-decoration: none; !important;} #disclaimer,#post_policy ul li{font-size:15px !important;} #post_policy ul li a{font-size:15px !important;text-decoration: underline;}

Source

Please follow and like us:

Visit Original Source

Leave a Reply

Your email address will not be published.