Categories
News Uncategorized

秘訳オンライン: ロシアのウクライナ侵攻がEUの農産物市場に与える影響

ウクライナとロシアは小麦の世界貿易の30%以上を占めている、ロシアがこの地域に侵攻によって、短期的な供給不安は、ウクライナで特定の穀物の生産が中断される可能性が高く、供給問題を中期的に拡大するリスクがある Source… Visit Original Source…

翻訳: 柑橘文旦JP

画像の出処は: https://gnews.org/zh-hans/2104362/

【ブライトバート・ニュース・ネットワーク】3月3日の報道によれば、欧州の穀倉地帯として知られるウクライナは、小麦、トウモロコシ、大麦などの穀物を世界市場のかなりの割合で生産しており、欧州は家畜の飼料としてこの穀物に依存している部分がある。しかし、ロシアがこの地域に侵攻した結果、ヨーロッパはウクライナの供給源にほとんどアクセスできなくなった。

「ウクライナとロシアは小麦の世界貿易の30%以上を占めています」と、「この二カ国は世界のトウモロコシの32%、大麦の17%、ヒマワリ油、種子、食肉の世界シェアの半分以上を担っている」と、EU農業部門の高官であるマイケル・スキャネル(Michael Scannell)氏は、EUの農業・農村開発委員会で語った。

スキャネル氏は、欧州が自国の農業生産に両国が生産するものをどれほど信頼しているかを考えると「非常に心配だ」と述べている。

欧州の農業および食品部門は現在、この市場へのアクセスに深刻な減少をきたしている。それだけではなく、EUの食肉・乳製品産業の多くは、ウクライナからの輸入飼料に頼っており、EUはロシアのガスと肥料にも依存している。「菓子、ワイン、蒸留酒、ビスケット、花など」に関してヨーロッパの主要貿易パートナーであり続けたと同氏は語った。

ポリティコ(POLITICO)によれば、制裁の結果、国際的な黒い羊(厄介者)であるロシアがこの貿易に従事しなくなるのではないかと述べている。

短期的な供給不安は、敵対行為の結果、ウクライナで特定の穀物の生産が中断される可能性が高く、供給問題を中期的に拡大するリスクがあるという事実によって、更に悪化すると伝えられている。

委員会では、「これから始まるトウモロコシの夏期栽培が中断されることが予想されます」と語った。「明らかに戦争が続いているため、この種の作付けに集中することは非常に困難です。」

スキャネル氏は、ウクライナの飼料と肥料が入手できなくなり、ヨーロッパの農業部門が深刻な「苦難が待ち受けている」ことになると警告している。

情報源: https://gnews.org/zh-hans/2104362/ 

校正: Eric Kim

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

#post_policy ul{padding-left:0px !important;} #post_policy ul li{ list-style:none !important; display:inline-block !important; padding:10px !important; } #post_policy ul li:hover,#post_policy ul li a:hover{text-decoration: none; !important;} #disclaimer,#post_policy ul li{font-size:15px !important;} #post_policy ul li a{font-size:15px !important;text-decoration: underline;}

Source

Please follow and like us:

Visit Original Source

Leave a Reply

Your email address will not be published.