Categories
News Uncategorized

米政府ロシア駐国連代表部の外交官を国外追放、理由は「スパイ活動に従事」

【日本東京方舟農場】 Source… Visit Original Source…

翻訳者:【日本東京方舟農場】両棵樹

2月28日、アメリカはロシアの国連代表部に勤務する12人の外交官をスパイ活動に従事したとして追放すると発表した。

画像はニューヨーク国連本部の一角出入口、(ネットより)

≪ボイス・オブ・アメリカ≫の報道によると、米国駐国連代表部のオリビア・ダルトン(Olivia Dalton)報道官は声明で、アメリカによると「彼らは、アメリカに居住している特権を利用して、アメリカ国家安全保障に違反するスパイ活動に従事した」として、ロシア国連代表部に勤務する外交官12人に対して、追放の手続きを開始したことを、通達した。

また、オリビア・ダルトン氏はこの行動は国連本部協定によるもので、決定に至るまで数か月間かかったと指摘した。

知るところによると、アメリカはこの12人の外交官に、3月7日までに出国するよう求めている。

参考リンク:
1.https://www.voachinese.com/a/us-to-expel-12-russian-diplomats-at-un-mission-for-spying-20220228/6464126.html

校正:ReiHaru(黎明)
配信:爱放飞

Disclaimer: This article only represents the author’s view. Gnews is not responsible for any legal risks.

#post_policy ul{padding-left:0px !important;} #post_policy ul li{ list-style:none !important; display:inline-block !important; padding:10px !important; } #post_policy ul li:hover,#post_policy ul li a:hover{text-decoration: none; !important;} #disclaimer,#post_policy ul li{font-size:15px !important;} #post_policy ul li a{font-size:15px !important;text-decoration: underline;}

Source

Please follow and like us:

Visit Original Source

Leave a Reply

Your email address will not be published.